読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こけしの頭ん中

日常の4コマ漫画を描いてます。就活したくないよう・・・

日常四コマ漫画(番外編)『No more 徒競走』

 

こけしは運動音痴なゆえたいていのそういう運動系のイベントが苦手。

中でも一番の天敵は・・・

f:id:kiririki:20160710142250p:plain

 

徒競走である。

小・中・高校生活の中でどれだけこの行事に苦しめられたことか・・・

その徒競走のなかでも一番の苦い思い出は小学2年生の時の徒競走。

 

今回はその徒競走について描いていく。

 

 

小学2年生の徒競走、

私は開始5分でこけてしまい、その後泣きながら走る羽目に。

 

f:id:kiririki:20160710142306p:plain

見に来ていた保護者の視線を独り占め。(不本意)

 

何とか走り終え、グラウンドで友達に慰められていたところ・・・

f:id:kiririki:20160710142318p:plain

 

オトンがやってきた。

ちなみにオトンはスポーツが得意なので、こけしの気持ちをわかってはくれない。

 

f:id:kiririki:20160710142335p:plain

 

そういうとオトンはおもむろにお茶を飲むと

 

f:id:kiririki:20160710142346p:plain

 

 

 

f:id:kiririki:20160710142359p:plain

 

 

 

f:id:kiririki:20160710142410p:plain

 

こけしに吹きかけたのである。

何故。

 

f:id:kiririki:20160710142418p:plain

 

この話の一番の被害者は慰めてくれていた友達である。

友達のお父さんが噴出したお茶にかかるなんて、そうそうない。

身に覚えがある人いたら謝っとく、すまんやった。

 

このときオトンは擦りむいたところを消毒してくれようとしたらしいが、

患部であるひざにお茶はかかっていなかった。

ただこけしが頭からお茶を被っただけだった。つらい。